豊田勇造(とよだゆうぞう TOYODA YUZO)・・・・ボブ・ディラン、ブルーズにインスパイアされ、関西フォーク創世紀から一貫してメッセージソングを歌い続ける。
関西弁のイントネーションを活かし、時代を見据えた歌づくりと、高度なギターテクニックによって独自のスタイルを確立。日本、タイ、ビルマ、インド、ジャマイカ、ニューヨーク、パキスタン、旅と出会いが歌を生む。

日本全国を年間100回ぐらいのライブで巡る。最新アルバムは『蜂鳥よブンブン飛べ 40周年記念』。

1949年 7月1日京都の壬生で生まれる。兄の影響で小学校5年生よりギターを手にし、ウエスターンバンドで産湯を使う。

1966年 高校2年で「ヒロシマ」を自作し、フォークコンテストに入賞。高校卒業後、1年間浪人生活、べ平連やフォークゲリラの活動に関わるかたわら、本格的に演奏活動を始める。

1969年 同志社大学に入学。72年から75年まで毎週土曜日、京都 下鴨のロック喫茶「MAP」でライブを続ける。

1974年 1stアルバム『豊田勇造 長野隆ライブ』をエレックレコードより発表。

1976年 「クリエイティブ・アクションズ 発見の会」とでELTROVEレコードを設立しアルバム『さあ、もういっぺん』を発表。 全国ツアーを開始する。

1977年 アルバム『走れ アルマジロ』をELTROVEレコードより発表。76年〜79年まで北は斜里から南は那覇まで、のべ約600ヶ所でライブを開催。

1980年 憧れのジャマイカで録音したアルバム『血を越えて愛し合えたら』(制作: ELTROVEレコード、発売 : ワーナー・パイオニア) を発表。

1981年 初めての単行本『歌旅日記』をプレイガイドジャーナル社より出版後、ニューヨークに渡る。帰国後、82、83年と「海の始まり」ツアー。年末から正月をパキスタンで過ごし、「花の都ペシャワール」が生まれる。

1984年 アルバム『センシミーナ』をカセットブックの形でプレイガイドジャーナル社より発表。日本ツアー中のタイのカラワンバンドと知り合う。

1985年 カラワンの招きで、友部正人と共に3週間タイでのライブツアーを行う。この頃からタイと日本を行ったり来たりするようになる。

1986年 友部正人と共にカラワンを日本に招き国内ツアーをプロデュース。

1987年 「アジア音楽祭」にカラワンらを招く。

1988年 タイでカラワンのメンバーと共に録音したアルバム『チャオプラヤ河に抱かれて』を発表。

1990年 神奈川県出縄でのライブをアルバム『満月』として発表。

1993年 アルバム『マンゴー シャワー ラブレター』を発表。米についての論文が毎日農業記録賞優秀賞を受賞。

1994年 捨てられたタイ米についての歌「タイ米ブルーズ」が新聞・TV・ 週刊誌などで取り上げられ話題となる。

1996年 大阪バナナホールでのLIVE盤「ホールド オン」発表。

1997年 来日したDYLANのステージに触発されYUZO BAND を結成。

1999年 『雲遊天下』を豊田勇造 &YUZO BANDで録音し発表。

2002年 6月28、29、30日に音楽生活30周年記念コンサートを京都の拾得で行う。このライブは録音され3枚組アルバム『振り返るには早すぎる』として12月に発表。

2003年 12月京都・清水寺の桧舞台でライブ演奏を奉納。

2004年 11月、30周年を迎えたタイのカラワンを招き国内ツアー。

2005年 2月タイ・コンケーン農民フォーラムでコンサート。9月『歌旅日記アジア編』をビレッジプレスより出版。

2007年 3月12枚目になるアルバム『夢で会いたい』をタイ・バンコクで録音。7月1日発表。

2009年 6月6日京都・円山公園音楽堂にて「豊田勇造60歳6時間60曲フリーコンサート」を敢行、2000人を集める。10月には6月コンサートのライブ盤アルバム『円山音楽堂ライブ!』を発表。

2010年 7月、コンサートの映像アルバム『円山音楽堂ライブ!DVD』を発表。新潟県苗場での「フジロックフェスティバル2010」に豊田勇造&YUZOBANDで出演。

2011年 「豊田勇造ファン支援プロジェクトさあもういっぺん」、東日本大震災被災地の釜石、陸前高田、郡山でフリーライブ。

2012年 6月、京都拾得にて「豊田勇造だいたい40周年」記念ライブ。北海道帯広でのライブ録音『この海の向こうに─ライブイン帯広』を発売。10月、歌詞集『歌いながら夜を往け』をビレッジプレスより出版。

2013年 6月、40周年記念コンサートのライブ盤と40年前の象徴的な音源を収録した『蜂鳥よブンブン飛べ 40周年記念』(2枚組CD)を発表。年間100回以上の全国ツアーを継続中。

豊田勇造音楽事務所
URL http://www.toyodayuzo.net/

Copyright (C) 2002-2016 豊田勇造音楽事務所 All Rights Reserved.
無断複製・改変はご遠慮ください。LIVE案内等のご使用についても、ご一報お願いします